介護支援に全力を注ぎたい!パートとしてケアマネの仕事をしよう

ケアマネの受験者数が減っている?

将来、要介護のお年寄りは増えると懸念されており、その流れで介護士やケアマネの重要性が上がってきています。一方で、過酷な労働現場が災いし、ケアマネの人材が不足していると騒がれています。

やりがいを感じる瞬間とは?

女性たち
no.1

利用者の笑顔が見られる

ケアマネをしていてよかったと一番に感じるのは、利用者の笑顔を見た時です。お年寄りとその家族が一番辛く大変な時力になるので、悩みや問題を紐解くのが使命です。そのお陰で再び利用者やその家族に笑顔が戻った時、仕事を続けていてよかったと心から思うわけです。

no.2

問題解決に加担できる

家族介護は24時間続きます。体力は消耗し、心も疲れてしまうでしょう。しかしこうした状況も、ケアマネが介入することですっきり解決できるのです。

no.3

ケアプランの作成スキルが身に付く

ケアマネの仕事で最も重要なのは、利用者や家族の問題と悩みに照らし合わせたケアマネプランを作ることです。慣れないうちは大変ですが、利用者と家族を考えながら作るケアプランは内容も濃いでしょう。

no.4

人の為に役立っているとき

ケアマネの仕事は誰でもできるものではない責任ある仕事です。また介護という過酷な現場で業務を全うしますし、業界でも重要なポジションにいます。責任感に押しつぶされることもあるでしょう。しかし、利用者と家族のため懸命に仕事をするのは確かなやりがいを感じる瞬間です。

no.5

資格を存分に活かせる

将来のために取得したケアマネの資格を存分に活かせる点もメリットでしょう。また資格さえあれば就職先もすぐに決まるはずです。

ケアマネのパート求人を探している人に教えたいコト

女性

効率よく求人探しを行なうには?

今はスマホやPC一つで求人が探せる時代です。各条件を設定すれば、パートや正社員向けの求人が数多くヒットするでしょう。さらにサイト登録をすれば仕事探しから、面接の練習までお世話をしてくれます。ビジネススキルを磨きたい方は必見でしょう。

複数の人

求められる資格

ケアマネになれば、たくさんのやりがいを見つけることができます。しかし、ケアマネとして働くうえで試験を受験する場合に必要な資格は規定の国家資格を持っていること、資格はないが相談援助の業務に携わっていることが条件となります。受験資格の対象は、介護福祉士、精神保健福祉士、医師、歯科医師などです。これらの資格がなくても、経験年数が多ければ受験可能です。例えば、パートとして介護関係の仕事をしているという場合も、受験対象者となります。

[PR]
ケアワーカーの求人なら東京で探そう
家から近い職場が検索できる!

働く前に解決したい疑問点

介護者やお年寄りを支援するケアマネ。担当する家族の未来を共に考える仕事ですが、不安はつきものです。ケアマネのパートに応募する前に、疑問点を解決しておきましょう。

ケアマネに関するQ&A

複数の人

本当にパートとして働けるのですか?

仕事の性質上、特殊な仕事なのでパート募集は極めて少ないです。ただ、必ずしも働けないわけではありません。中には週3勤務で働く方もいらっしゃいます。求人数は確かに少ないですが、キャリアサポートスタッフに相談をすれば解決するでしょう。

労働時間はどのくらいですか?

日勤の場合は、朝9時~10時に出社をし、夕方18時から19時頃に業務が終了します。求人を出している会社によって違うので、しっかりと確認してくださいね。

男性も働けますか?

ケアマネの男女比率を表した表によると、全体の半数以上が女性で、残りは男性という結果となっています。女性が多い職業ですが、男性もバリバリ活躍しているので応募してみてもいいでしょう。

[PR]
新潟で社会福祉士の資格を取ろう☆
評判の高い専門学校を大公開♪

[PR]
ケアマネのパート求人を多数公開中
再就職を目指そう

[PR]
塾アルバイト情報を紹介中
こどもと成長できる仕事に就こう

[PR]
保育園の求人情報を厳選公開
転職したいなら要チェック!

広告募集中